民意と官意と大きな声 ~外来生物法のパブリックコメントから~(10)

民意と官意と大きな声 ~外来生物法のパブリックコメントから~(9)の続き

さて、その後の議論ですが、丸山委員の言を借りれば、「本当に茶番」に終始しました。

まず、丸山委員が言っているそばから、水口委員が「生態系」という言葉に食って掛かります。
「生態系等」という言葉については、「外来生物法」にいうところの「生態系等」と、学術的に言う「生態系」とは違うものだということは、議論の中でも何度も説明されることになりますがその後も、水口委員はこの2者を意図的にではないかと思えるほどに混同し、議論を発散させてしまいます。
念のため、法律で使用される用語というのは、よほど明らかな言葉で無い限りはその法律の中で定義づけがされています。そこで、「生態系等」については、
この法律において「生態系等に係る被害」とは、生態系、人の生命若しくは身体又は農林水産業に係る被害をいう。
と、明確に定義されております。

それなのに、学術的な意味での「生態系に対する被害に関する知見が無かった」という別の文書の表現を、この法律でいうところの「生態系等にかかる被害」に対する知見が無いといっていると、水口委員は持ち出し、議論を空転させたりしました。

この委員会の中では、たとえば密放流に関する具体的な目撃情報が示されたり、「放流する稚魚に混入したバスが拡大の原因だ」とする説に対する反証なども数多く提示されていました。それが、このような「空転」のためにほとんど議論されず、提示されただけで終わってしまいました。

一言で言えば、何でこんな人が委員に混じってしまったんだろう、そんな疑問を持ちました。

(続く)
[PR]
by flight009 | 2005-07-02 11:36 | 連載-民意と官意と大きな声
<< 目的と手段の狭間で 民意と官意と大きな声 ~外来生... >>