人のことは言えないロイター

東京都知事、フランス語を侮辱して提訴される | Excite エキサイト
日本のフランス語教師や研究者が13日、歯に衣着せぬ発言で知られる石原慎太郎・東京都知事を「フランス語は国際語として失格」と発言した件でを訴え、慰謝料と謝罪を要求した。

石原氏の発言は、前後関係もわからないし、そうだとしても訴えられるに足るほどひどい発言かどうかも疑問はありますが、少なくとも、このロイターも人のことは言えないと思います。
しかし日本語も、大きな数を数えるのに奇妙でしばしば厄介なシステムを使っている。たとえば英語で1 millionと言うところを、「100万(100 ten-thousands)」などと表現する。また対象が動物や本かなど、物によって個数を表す言葉が違うのだ。

それをいうなら、日本語の「いちおく」が、「one-hundred million(百-百万)」になるのはどう説明するつもりなのやら。
これは、数を1000を区切りにするか、10000を区切りにするかで異なることなので、数によって楽になる場合と面倒になる場合があるのはしょうがないんで、いってみれば日本語と英語は「大差ない」んです。

フランス語の数字の数え方がわかりにくいのは有名な話で、フランスに旅行した人の話を聞くと、必ずといっていいほど出てきます。
フランス語における数は言いにくい長い表現になる場合がある。たとえば、直訳すると、「80」を「4×20」、「70」を「60+10」などと表現する。
でも、フランスは、10進法の単位であるメートル法の発祥の地で、それはそれで面白いことですね。10進法というのは、たとえば、「1メートルが1000ミリメートルになる」ということで、当たり前だと思われるかもしれませんが、実は、アメリカでおなじみのヤードポンド法では、1フィートは12インチで、1ヤードは3フィート、だから、1ヤードは36インチになるわけで、まぁ、実生活でどれほど苦労するのかはわかりませんが、わかりやすいとはいえないでしょう。

(ちなみに私は、フランス出身の優秀な数学者が多いのは、このややこしい数字のシステムで、日常から数に関して鍛えられているせいじゃないかなぁ、とか思ったりもしないでもなかったり...)

面白いといえば、ドイツ語の数字の数え方というのも面白いですね。
日本語で、「23」は、「にじゅうさん」ですけれど、ドイツ語では、確か「ドライウントツバンツィヒ」で、「3と20」という言い方をします。
ちなみに、自分はそれでやっと、英語の「13~19」の数え方のなぞが解けました。と、いうのは、「15」は英語では「fifteen」ですが、良く見ると、これ、「five」と「ten」の組み合わせなんですね。「5と10」というのがなまると、こうなるんだろうなぁ、と。
ただ、こういうことの影響なのか、「fifteen」と「fifty」とか、発音が紛らわしいのもありますし、「どいちぇ」みたいにルールが統一されていればいいんですが、20以上では日本語と同じように「トウェンティスリー」なんて読むわけで、英語の数字のルールも、日本語をとやかく言えるもんじゃないと思います。(それとも、15を「テンファイブ」なんて読んでもいいのかなぁ。)

この際、今まで思ってたことをぶちまけてしまえば、たとえば、「1000」と書いてあったとしましょう。英語では、「one thousand」と、読むと思うのですが、「1100」は、「eleven hundred」と、読みます。では、「1000」も、「ten hundred」と、読んだら間違いなのか?良くわかりません。「1100」も、「one thousand and one hundred」と読んでいいのかなぁ。

やはり、言語により特質といおうか、楽な部分と面倒な部分があるのは確かだとは思います。ただ、多少の身びいきはあるでしょうが、自分は、日本語の数字のシステムは比較的良く出来ていると思っています。

石原氏を訴えてもいいのなら、ロイターのことを、誰か訴えてみませんか?(...じょーだんです。)

P.S.
過去の記事で、こんなのがあります。
英国人の妻を持つフィンランド議員がシラクをディナーに招待 | Excite エキサイト
フランス紙「リベラシオン」によると、シラクは3日、ドイツのゲアハルト・シュレーダー首相とロシアのウラジミール・プーチン大統領を相手に、英国人に言及して「あそこまで料理が下手な国民というのは信用できませんよ」と語り、さらに「フィンランドの次に料理がまずい国ですな」とこき下ろしたという。
スタブ氏はシラクへの公開招待状で「わたしどもフィンランドと英国人の一家は……二つの祖国の料理に対する閣下の否定的な印象に格別の注意を払ってきました」と言及、「失望させることのない本物のフィンランドと英国の料理でもてなすことをお約束します」と書いて招待した。

とりあえず訴えるのと、大人な対応がどちらかといわれれば...ねぇ。
[PR]
by flight009 | 2005-07-16 07:54 | マスコミに思うこと
<< 民意と官意と大きな声 ~外来生... 目的と手段の狭間で >>