カテゴリ:ブログについて思うこと( 3 )

リンクの無いトラックバックを禁止しました。

業務連絡ですが、本日、設定を変更して、リンクの無いトラックバックを禁止しました。

直接の理由は、まったく関係の無いサイトからのトラックバック(スパムメールに近いもの)がここのところ多くて、いちいち消してゆくのが間に合わなくなってきたことです。
ただ、以前から申しておりますように、トラックバックとはそもそも、リンクしたことに対しての情報提供であり、リンクしないでトラックバックだけ送るということはそもそも間違っている、と、私は考えています。

もっとも、それでも、決して悪意ではなく、むしろ同意を示す形でトラックバックを送っていただいていた方がいたことは承知しています。ちゃんとトラックバックしたことを、別途コメントなどで挨拶しておられた方もおられます。そういう方には、申し訳ないという気持ちも確かにあります。
ですが、インターネットのロートルユーザーとして、やはり「相互主義」に基づく「本来の形」を大事にしたいとも思います。

それから、やはり、反論めいたトラックバックを送っておいて、そちらからはリンクしないという、卑怯なトラックバックはやはり淘汰されるべきものだと思います。
これまでにもそういうことは多かったのですが、そういう人は、他の記事などを読むと、「あぁ、リンクを張ると自分のボロが出ることを良く理解している人なんだなぁ。」と、思うことがだいたいでしたし、反論にもなっていないから当方の実害は無さそうなので、そんな場合は、たしかにほうっておきました。
ただ、私もそういう卑怯な輩を良しとしてきたわけでもありません。私はやはり、リンクとトラックバックを対にした、本来の形に戻すべきだと思うし、そうして初めて、トラックバックというものが真価を発揮すると考えています。

そんなわけで、御不便をおかけするかもしれませんが、何卒御理解のほどお願い申し上げます。
[PR]
by flight009 | 2006-04-09 21:37 | ブログについて思うこと

トラックバックのマナーって

先日、私のWeblogのコメントに、トラックバックの仕方について意見されました。
「ネコ」さんとおっしゃるこの方は、こんなことを書き残しています。
TBだって、気に入ったページにTBしてそれっきりで良いはずです。だって、TBするのに相手の許可をとらないでしょ?
いい機会ですので、トラックバックってそもそも何なのか、自分のトラックバックに関する考えを書かせていただきましょう。

ネットの用語辞典で調べると、トラックバックについてこんな説明がありました。


IT用語辞典 e-Words 「トラックバック」

 ウェブログ(ブログ)の機能の一つで、別のウェブログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのこと。
 ウェブログ作者が別のウェブログの記事を参照して自身のサイトにコメントを掲載するような場合、元の記事へのリンクを張るのが一般的だが、単にリンクしただけでは元の記事の作者はどこからどうリンクされているのか容易に知ることはできない。トラックバックはリンク元サイトに「このような記事からリンクを張った」という情報を通知する仕組みで、リンク元記事のURLやタイトル、内容の要約などが送信される。トラックバックされたサイトはこの情報を元に「この記事を参照している記事一覧」を自動的に生成することができる。

これを読めばわかるように、「トラックバックする」ということは、「相手先にリンクする」ことが、前提としてあるのです。言葉は悪いですが、 Give and Take すね。実際、ニュース記事に対してはだいたいの人がリンクを張っています。(これはマナーではなく、著作権法上、必要だという解釈もありますが。)

トラックバックという機能が画期的だったのは、WWWの「リンク」というものが一方通行であったものを、双方向にしたということにあります。つまり、今まではAさんがBさんのページに補足や意見をしたくても、BさんのページにリンクすることでAさんの読者がBさんのページを見ることは出来ますが、逆は出来ませんでした。情報は一方通行だったわけです。トラックバックは、それを双方向にしたわけです。
Web上の書き込みに対して、異なるサーバ間で、双方向のリンクを可能としたことで、従来のWWWとも、掲示板とも違う、新しいコミュニケーションメディアが誕生し、政治経済はもとより、趣味やお悩み、日常生活の随想にいたるまで、さまざまに活躍していることは言うまでもありません。

しかし、いつからか、トラックバックだけして、リンクも張らない、私から言わせれば失礼千万なやからが増えてきました。
TBを送るということは、限られた条件の下とはいえ、相手のWebページに自分が手を加えるということです。ある意味、人の家に土足で上がるようなところもあります。それでも、このようなシステムが生まれた、それはインターネットならではといえるでしょう。
前にも書いたことがありますが、インターネットはある意味、「善意」をあてにすることの多いシステムです。トラックバックも、「リンクした相手が」トラックバックすることを前提にしていて、無関係な人がトラックバックピングを送ってくることは、想像していなかったとは思いませんが、少なくともあまりないと考えていたのでしょう。それが崩れてきたことになります。もともとの意味もありますが、Bさんの作った記事に対するAさんの反論を、Bさんの読者が読めて、Aさんの記事を見てもBさんの記事は存在すらわからない、そんな状況を考えれば、トラックバックしたら、リンクを張るのは当然のことだといえるでしょう。

さらにいえば、TBするということは、少なくともその記事について何らかの意見を持っているはずです。本来は、TBしてリンクした上で何らかの、そのページに対しての意見、せめて「参考にしました」とか、あるいはトラックバックした先の一覧を書くべきでしょう。Weblogにはなくとも、自分のページのコメント欄に意見を書いてもらうだけでも、それはちゃんと考えてTBしてくださったんだと思いますが、自分の記事へのリンクも意見もなく、ただTBだけされると、なんとも言えずむなしいです。

たとえば、とにかく、同じ話題を書いているページには片っ端からTBする人がいます。そのような人からTBをうけて、そのページを見ると、山のように「TBのお返し」と、「お礼」が出ています。TBを返したところで、埋もれてしまうだけする意味もほとんどありません。このようにして、アクセス数を稼ごうとしているのか何なのかわかりませんが、私はこういう人にはお礼などいう気はありません。
先日は、「中国旅行から帰ってきました」とか、わけのわからない記事からのTBを受けたこともありました。どう考えてもTB先の記事とは関係ないので削除して、「いったいどういう了見だ」と聞いてみましたが、返事はなしのつぶて。そんな人もいます。当然、ダイレクトメールもどきのTBもたまにあります。

いずれにせよ、「双方向」が重要なポイントだったWeblogが、ふたたび一方通行のメディアに戻りつつあることは大変残念なことです。冒頭の「ネコ」さんのような考えが、むしろ幅を利かせていることは確かで、私のような考えのほうがどちらかといえばマイナーになってきているのでしょう。でも、あえて言います。トラックバックするならリンクしてください。まして、関係の無い記事からTBしないでください。

明文化された「ルール」がなくたって、物の道理や意義から生まれるものが「マナー」というものでしょう。マナーには罰則もありません。ただ、マナーは守らなければ不愉快な思いをする人がいるというだけのこと。私は、リンクするのはTBのマナーだと思っています。
[PR]
by flight009 | 2005-09-13 22:47 | ブログについて思うこと

ごあいさつ

こんにちは、フライト009です。(はじめて名前を和文で書きました。笑)

いまさらですが、皆様に御挨拶申し上げたく、キーボードに向かっております。

フライト009というのは、ちょっと思い出のある某航空会社の009便にちなんでつけました。
(009にもちゃんと意味があるので、勝手に取らないでくださいね。)

なんとなくはじめたウェブログですが、まだ勝手もわからず、試行錯誤です。
それでも、ときどきコメントも頂き、常連さんらしい方も数名、ありがたいことでございます。

なにせ、最初にページを作るときに「halfserious」の、sを入力し忘れるようなおっちょこちょいです。
この国に住む日本人のうちのたった一人、地球に住む多くの地球人のうちでたった一人、そしてさらにたくさんいるはずの宇宙人のうちのたった一人です。
そして、過去から未来へ流れる、有史以来でも数千年、誕生以来なら100万年くらいの人類の歴史の中で、まだわかりませんが、たぶん、たった80年くらいに居合わせた、ほんの小さないのちです。

それでも、「たった一人」なんだから、自分だけにしかできないことがきっとあるんだと信じているひとりです。
それを模索したくて始めたウェブログです。お付き合いいただいている皆様には、心から感謝申し上げます。

まだ、これからどんな感じになるのかはわかりませんが、まだしばらくは続けたいと思います。
御意見、御指導、苦情などなど、なんでもお寄せいただければ幸いです。

今後ともよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by flight009 | 2005-03-19 21:28 | ブログについて思うこと