<   2005年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トラックバックのマナーって

先日、私のWeblogのコメントに、トラックバックの仕方について意見されました。
「ネコ」さんとおっしゃるこの方は、こんなことを書き残しています。
TBだって、気に入ったページにTBしてそれっきりで良いはずです。だって、TBするのに相手の許可をとらないでしょ?
いい機会ですので、トラックバックってそもそも何なのか、自分のトラックバックに関する考えを書かせていただきましょう。

ネットの用語辞典で調べると、トラックバックについてこんな説明がありました。


IT用語辞典 e-Words 「トラックバック」

 ウェブログ(ブログ)の機能の一つで、別のウェブログへリンクを張った際に、リンク先の相手に対してリンクを張ったことを通知する仕組みのこと。
 ウェブログ作者が別のウェブログの記事を参照して自身のサイトにコメントを掲載するような場合、元の記事へのリンクを張るのが一般的だが、単にリンクしただけでは元の記事の作者はどこからどうリンクされているのか容易に知ることはできない。トラックバックはリンク元サイトに「このような記事からリンクを張った」という情報を通知する仕組みで、リンク元記事のURLやタイトル、内容の要約などが送信される。トラックバックされたサイトはこの情報を元に「この記事を参照している記事一覧」を自動的に生成することができる。

これを読めばわかるように、「トラックバックする」ということは、「相手先にリンクする」ことが、前提としてあるのです。言葉は悪いですが、 Give and Take すね。実際、ニュース記事に対してはだいたいの人がリンクを張っています。(これはマナーではなく、著作権法上、必要だという解釈もありますが。)

トラックバックという機能が画期的だったのは、WWWの「リンク」というものが一方通行であったものを、双方向にしたということにあります。つまり、今まではAさんがBさんのページに補足や意見をしたくても、BさんのページにリンクすることでAさんの読者がBさんのページを見ることは出来ますが、逆は出来ませんでした。情報は一方通行だったわけです。トラックバックは、それを双方向にしたわけです。
Web上の書き込みに対して、異なるサーバ間で、双方向のリンクを可能としたことで、従来のWWWとも、掲示板とも違う、新しいコミュニケーションメディアが誕生し、政治経済はもとより、趣味やお悩み、日常生活の随想にいたるまで、さまざまに活躍していることは言うまでもありません。

しかし、いつからか、トラックバックだけして、リンクも張らない、私から言わせれば失礼千万なやからが増えてきました。
TBを送るということは、限られた条件の下とはいえ、相手のWebページに自分が手を加えるということです。ある意味、人の家に土足で上がるようなところもあります。それでも、このようなシステムが生まれた、それはインターネットならではといえるでしょう。
前にも書いたことがありますが、インターネットはある意味、「善意」をあてにすることの多いシステムです。トラックバックも、「リンクした相手が」トラックバックすることを前提にしていて、無関係な人がトラックバックピングを送ってくることは、想像していなかったとは思いませんが、少なくともあまりないと考えていたのでしょう。それが崩れてきたことになります。もともとの意味もありますが、Bさんの作った記事に対するAさんの反論を、Bさんの読者が読めて、Aさんの記事を見てもBさんの記事は存在すらわからない、そんな状況を考えれば、トラックバックしたら、リンクを張るのは当然のことだといえるでしょう。

さらにいえば、TBするということは、少なくともその記事について何らかの意見を持っているはずです。本来は、TBしてリンクした上で何らかの、そのページに対しての意見、せめて「参考にしました」とか、あるいはトラックバックした先の一覧を書くべきでしょう。Weblogにはなくとも、自分のページのコメント欄に意見を書いてもらうだけでも、それはちゃんと考えてTBしてくださったんだと思いますが、自分の記事へのリンクも意見もなく、ただTBだけされると、なんとも言えずむなしいです。

たとえば、とにかく、同じ話題を書いているページには片っ端からTBする人がいます。そのような人からTBをうけて、そのページを見ると、山のように「TBのお返し」と、「お礼」が出ています。TBを返したところで、埋もれてしまうだけする意味もほとんどありません。このようにして、アクセス数を稼ごうとしているのか何なのかわかりませんが、私はこういう人にはお礼などいう気はありません。
先日は、「中国旅行から帰ってきました」とか、わけのわからない記事からのTBを受けたこともありました。どう考えてもTB先の記事とは関係ないので削除して、「いったいどういう了見だ」と聞いてみましたが、返事はなしのつぶて。そんな人もいます。当然、ダイレクトメールもどきのTBもたまにあります。

いずれにせよ、「双方向」が重要なポイントだったWeblogが、ふたたび一方通行のメディアに戻りつつあることは大変残念なことです。冒頭の「ネコ」さんのような考えが、むしろ幅を利かせていることは確かで、私のような考えのほうがどちらかといえばマイナーになってきているのでしょう。でも、あえて言います。トラックバックするならリンクしてください。まして、関係の無い記事からTBしないでください。

明文化された「ルール」がなくたって、物の道理や意義から生まれるものが「マナー」というものでしょう。マナーには罰則もありません。ただ、マナーは守らなければ不愉快な思いをする人がいるというだけのこと。私は、リンクするのはTBのマナーだと思っています。
[PR]
by flight009 | 2005-09-13 22:47 | ブログについて思うこと

確信犯かな?

Excite エキサイト : 社会ニュース

 放送法では、NHKのテレビ放送を受信できる設備を設置すれば、受信契約を結ばなくてはならない。NHKの推計によると、未契約者は今年3月末で922万世帯・事業所にのぼる。このうち、NHK側の要請を拒否して契約を結ばない世帯、事業所に対し、契約を求める民事訴訟を起こすことを検討しているという。橋本元一会長は8日開かれた記者会見で「誠心誠意説明を尽くしていく姿勢は変わらない」と、性急に訴訟を起こす考えはない姿勢を示したうえで、「訴訟費用と受信料収入が見合うかどうか、難しい問題がある」と述べた。


さて、私も先に別の投稿で夕刊フジの記事について物申しましたが、毎日新聞も記事にしています。先の夕刊フジと同じく、「なぜ法的手段に訴えるのか」について、あえて無視した記事です。こちらは、その「事情」を理解した上で、あえてそれに触れていない、ある意味確信犯ではないかと感じられる記事です。

同じ記者会見から、日本経済新聞ではこんな記事になりました。

NIKKEI NETより

 NHKの橋本元一会長は8日の記者会見で、受信料不払いの契約者に対し、支払いを求める法的手続きに踏み切る意向を明らかにした。7月末に117万件に達した不払いの増加が止まらないため、受信料の公平負担を実現する狙い。だが、不払いは一連の不祥事がきっかけだけに、NHKの改革努力への理解が得られなければ視聴者の反発を招く可能性もある。
 橋本会長は法的手続きについて「受信料を払っている視聴者から、不払いを放置するのかという声が寄せられている。こうした不公平感を解消する方策として導入を考えている」と述べた。


日本経済新聞も、NHKの態度に対しては疑問を投げかけています。それは意見として正しいでしょうし、毎日新聞もそうなんでしょう。でも、伝えるべきことを伝えていない毎日新聞の記事は、世論を誘導していると言われても文句は言えないでしょう。

毎日新聞の記事のトラックバックの多さには驚かされます。そして、その少なからぬものが「まんまと」乗せられているといわざるを得ません。

NHKの不払い問題にある程度の関心を寄せている人であれば、不払いの理由が、「不祥事を起こしたこと」から、「払わなくても罰則が無いこと」にシフトしてきていることぐらいは知っているはず。それを無視した記事を書いている人はまったく理解に苦しみます。
法的な解釈に問題があるページも多く、不法行為をまるで合法的であるかのようにあおる記事も散見されます。こんなことを言う人たちが大手を振ってまかり通るのであれば、NHKも「このような」対応を余儀なくされるというものでしょう。

そろそろ、感情的な「物言い」から、理論的な考えに移行すべき時期でしょう。これまで日本人は、数多くの「財産」を、感情、特に「庶民感情」というもので、葬ってきました。NHKという、世界に対しても胸をはれる国民の「財産」を、「再生」するために何をすべきなのか、本気で考えなければなりません。
[PR]
by flight009 | 2005-09-09 22:29 | マスコミに思うこと

勘違い?

Excite エキサイト : 芸能ニュース 
不払い者に逆ギレ? 相次ぐ不祥事を受けて新生プランを策定中のNHKが、増え続ける受信料不払い者に対して法的手続きを辞さない方針をプランの素案で示していることが1日、分かった。不払い者の増加は、一連の不祥事や報道姿勢への不満が原因とされているだけに、NHKの「勘違い」はさらなる反発を呼ぶことになりそうだ。


この記者もなんか勘違いしているようだけれど、たしかに、当初不払いのきっかけになったのは一連の不祥事でしたが、最近、NHKへの不払いがやまない理由としては、「払わない人たちがいて、何のペナルティも無いのに何で自分たちは払わなければいけないんだ」ということに移ってきています。NHKの対応は、まさにこれを意識してのことでしょう。この記者、単にウケを狙っているだけかもしれませんが、「夕刊フジ」のレベルが知れる記事です。

私も、契約している、百歩譲っても視聴しているにもかかわらず払わない人には断固たる姿勢で臨むべきと思います。「タダ見」は許してはなりません。現実問題として、タダ見をしている人がいる以上、NHKが「素案」として、それを提言することは、「逆切れ」でもなんでもありません。
はっきりいって、不祥事などを理由にして払わないでいる人たちの中にだって、単にそれを口実にしているだけの人が、少数だとは思えませんしね。

受信料を支払う者として申します。タダ見は泥棒じゃ。猛々しい盗人はひっとらえてさらし者にすべし。
[PR]
by flight009 | 2005-09-01 18:41 | マスコミに思うこと