<   2006年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

さっぱりわからん

ソフトバンクの携帯電話が、早速受付停止となったそうな。
Excite エキサイト : 社会ニュース
ソフトバンクによると、番号継続制を利用した同社への乗り換え申し込みが午後から急増。加えて、既存のソフトバンクの顧客が新料金プランに変更する申し込みも集中し、システムが対応できなくなった。

ここではさらっと書いてあるのだけれど、「既存のソフトバンクの顧客」の申し込みが相当多かったことは間違いないでしょう。

で、肝心の、「自社携帯電話間の通話も0円になる」という料金制度なんですが、私も一応、調べては見ました。

ソフトバンクモバイルのトップページ

開くと、孫社長のメッセージが出てきました。「複雑怪奇な料金制度をリセットするという願いを込めた料金制度」ということなんですが、その先を読んでゆくと、ソフトバンクの料金体系のほうが、複雑怪奇どころか「さっぱりわからん」というのが私の感想です。条件の中にはさらに条件が盛り込まれ、追っかけてゆくのも大変なんですが、いろいろ読んだ結果、下記のような仕組みであるのかと考えます。

○契約を結ぶ場合、まず、「スーパーボーナスプラン」に加入する。
このプランは、「新スーパーボーナス用販売価格」で、携帯電話を2年の月賦で購入すると、その代金を、「新スーパーボーナス割引額」だけ割り引く、というサービスらしい。解約した場合、その残高を払うということのようである。ただ、肝心の「新スーパーボーナス用販売価格」というのが、いくらなのか良くわからない。月賦の代金と、割引額がトントンになるのか、どちらかがちょっと多くなるのか?
基本的には、他社携帯でも良く使われている、「途中解約すると罰金よっつ!」という趣旨のプランなのだろうと、想像するのだが...

○「ゴールドプラン」の契約を結ぶ
まぁ、当然なんだけれど、他社携帯に発信すると、そこそこの料金がかかるそうな。平日の昼間だと、30秒で28円、そのほか、時間帯によりえらく細かく分かれていて、「相手がどこでも均一料金」になれた自分は敬遠したいところです。
その他、無料のはずの同社間の通話でも、時間帯により制限があったり、留守電は無料じゃないとか、思った以上に落とし穴がありそうです。

結局のところ、孫社長のメッセージとは全く逆に、ちょっとやそっとでは理解できない、たいへん厄介な料金制度のようです。

「ただより高いものは無い」という言葉がありますけれど、申し込みも混乱しているようだし、皆さんも少し静観してはどうでしょうか。

P.S.
むしろ、今回の扱い停止で、ソフトバンクから他社へ乗り換えようとした人がとばっちりを食ったようです。この人たちをどう救済するか、で、ソフトバンクの真価が問われましょう。
ソフトバンクのお知らせ

P.S.2
共同通信および、NIKKEI NET の記事から。
共同通信 「携帯電話の契約を再停止 ソフトバンクモバイル 」
NIKKEI NET 「ソフトバンクモバイル、携帯電話の契約を再停止」
日経では、「利用者を管理するシステムの不備が原因とみられる。」と。「利用者の受け入れに向けた同社の見通しと準備の甘さに批判の声が上がりそうだ。」と、手厳しいです。
同記事でも指摘していますが、
携帯会社間での転入、転出の受け付け作業が増えるのを見越し、各社は事前予約の実施などでトラブル回避を図った。しかし、ソフトバンクモバイルは加入者間の通話やメールを無料とする新料金プランを直前に発表したことで顧客が集中、コンピューターへの入力作業など事務処理が追い付かなかったようだ。
つまり、単なる「見込み違い」というより、「直前の発表」という「愚挙」に出たがために起こるべくして起こった人災、という見方をするべきなのでしょう。
口先だけじゃなくって、本気で反省してもらわないといかんのですが、どうなんでしょうか。
[PR]
by flight009 | 2006-10-29 09:51 | マスコミに思うこと

高校球児はみんな野球選手になる?

数学オリンピックの参加者が、思ったよりも数学に関する仕事についていないそうな。
Excite エキサイト : 社会ニュース 
文部科学省科学技術政策研究所は20日、過去に国際数学オリンピックの国内予選で好成績を収めた参加者の調査で、社会人の約38%が「数学の知識を生かす職業に就いていない」と回答したと発表した。

ここで、数学を、野球に置き換えてみましょう。
高校野球で好成績(全国大会出場クラス?)をおさめた生徒のどのくらいが、現在野球に関する職業についているでしょうか。
きちっとした統計は私も知りませんが、調査してみれば、半数ぐらいがまったく「関係の無い」職業についているとしても、あんまり驚きはしないのではないでしょうか。

もっと極論してみましょう。
高校野球で好成績を収めた生徒が、野球とはまったく関係の無い職業に就いていたとして、それを嘆く必要があるでしょうか。そのような場合、彼の「高校野球経験」は、まったく意味の無いものとなるのでしょうか。

もちろん、そんなはずはありません。事細かに申すのもバカらしいので申しませんが、高校野球というものを通して彼が学んだものは、おそらくはどんな社会に行っても役に立つものであるだろうし、その社会(会社や団体)にとっても、おそらく有益なものとなるでしょう。
もちろん、「野球界」という、部分的な「社会」にとっては、その人が抜けてしまうことが「損失」であるかもしれません。松井選手や新庄選手が、野球界に来なかったのであれば、たしかに損失といえるでしょう。ですが、高校球児の半数くらいが「野球界」にとどまらなかったからといって、それをもって、まるで全世界の損失だ、というようなことを言うのであれば、それはどうかしています。

数学だって同じこと。
数学的な「センス」というものは、どのような世界に行っても役に立つものだし、要はその生かし方次第です。むしろ、38%という数字はかなり少ない印象なんですけどね。

今回の「統計」を、どう「利用」するつもりかはわかりませんが、これくらいの「アナロジー」ができなければ、それこそ、数学オリンピック参加者に笑われますよ。
[PR]
by flight009 | 2006-10-21 13:26 | 教育について思うこと

「いい先生」

先生が、生徒をいじめていたそうな。
Excite エキサイト : 社会ニュース
 福岡県筑前町の町立三輪中2年の男子生徒(13)がいじめを苦に自殺した問題で、合谷(ごうや)智校長、中原敏隆町教育長、学年主任らが15日、男子生徒宅を訪れ、両親と面会した。学校側は、男子生徒の1年時の担任教諭を務めた学年主任(現在)がいじめ発言を繰り返し、それが発端となって他の生徒にまでいじめ行動が広がったことを認めた。

この先生は、生徒にはどう思われていたんでしょうか。たぶん、とっても人気のある先生だったんじゃないかと思います。どうしてかというと、私が小学校の頃、そんな先生がいたから。

私の当時の担任Hは、しょっちゅう私のことを馬鹿にしていました。「ぴょんぴょん丸」「おつむのネジがばっちり緩んでる」とか、そんなことを、授業中も構わずしょっちゅう言われてました。当然、同級生は私をいじめないわけありません。Hは、そんな状況を見て、「お前が悪いからだ。普通じゃないからだ。」というばかりでした。
そんなHは、児童にはとても人気のある教師でした。なんでかといえば、よく言えば友達感覚の先生だったからでしょう。そういえば聞こえはいいですが、要するに、生徒と同レベルに降りていた、ということです。
生徒と一緒に悪ふざけをしたり、まずいことがあると堂々と嘘をついてばっくれる。じぶんがまさしく「でもしか教師」であったことを、面白おかしくしゃべる。父母から文句が来ると、いとも簡単に前言を翻す。でも、児童からは面白いから人気があるわけで、「良い先生」で通っていたわけです。

私が、この少年と同じ運命をたどっていた可能性は小さくありません。いくつかの偶然が、子供心にうかぶ短絡的な考えを、押しとどめてくれていただけのことです。逆の偶然が一つ二つあれば、私は多分ここにはいないのです。


こういう事例は、本当は今までも結構あったのではないでしょうか。表に出てこなかっただけで、「子供と同じレベルの教師」が、何人もの子供を殺していたのではないでしょうか。

P.S.他人事と思えないから、ちょっと消化不良ですが記事を書きました。
後で読み返して修正するかもしれません。その節には御容赦ください。
[PR]
by flight009 | 2006-10-15 22:43 | 教育について思うこと